クラス紹介

ビギナークラス 3歳~小学校1年生 定員20名ほど

フットボールを始めるこの年がフットボール人生において一番重要と言っても過言ではありません。 ただし、重要だと言っても、無理矢理やらせては意味がありません。 それぞれのペースに合わせて、まずはフットボールを楽しんで好きになってもらうことを一番に考えながらトレーニングをしていきます。 楽しく遊んでいたら自然とボールを蹴るのが上手くなっていた、そんなメニューを中心にトレーニングをしていきます。

このクラスの重要な目的はボールにたくさん触ることと、体のコーディネーションです。

フットボールは足だけを使うスポーツではありません、ボールを使いながら体全体を上手に使えるようなメニューを組み合わせていきます。

ミドルクラス 小学校2年生~4年生 定員24名ほど

小学校にも慣れ、団体行動にも慣れてきます。 しかし団体行動に慣れるあまり、何をするにもコーチの意見を聞いたり、周りと違うことをしたりすることに抵抗を感じる子供が増えてきます。

トイレに行ってきていいですか??お水を飲んできていいですか?? 空いている時間でリフティングをしていてもいいですか??みんなが手を上げているから自分も上げてみようかな・・・等々

よく考えれば自分で考えれば分かることも何でもコーチ(先生)に聞いてから行動するようになってしまいます。 試合をやっているときに、周りには両親も先生もコーチもいません。

自分で考えて決断するしかないのです。

誰のために、何のためにフットボールをやっているか、毎回それを子供たちに問いかけ、自分で物事を判断し決断出来るように指導していきます。

また、トレーニングではとにかくボールを触ります。一回のトレーニングで一人2000~3000回はボールに触るように心がけています。 ただし、ただボールに触れることを意識するのではなく、楽しくやっていたら知らず知らずのうちにたくさんボールに触っていた、そんなトレーニング内容です。

またゲームは2対2のメニューが中心です。ボールを持った時の選択肢を①自分でドリブル、シュート、②もうひとりの選手にパス、に限定することで、子供たちにどんな状況でパスをして、どんな状況で勝負(ドリブル、シュート)するのかをはっきり整理してほしいからです。 そのため、本スクールではこのクラスからニワトリサッカー(団子サッカー)をやらせないようにしています。

アッパークラス 小学校4年生~6年生 定員24名ほど

子供たちは高学年になるにつれて「恥ずかしい」という気持ちが生まれてきます。 失敗することが恥ずかしい、喜怒哀楽を思い切り表現することが恥ずかしい、感謝の気持ちを素直に表すことが恥ずかしい・・・等々

本スクールは上記の恥ずかしがることを子供たちにどんどん励行させていきます。 子供たちを子供っぽい子供に育てたいのです。フットボールは遊びです。 良いプレーが出来なければ生きていけない限られたプロ選手より、遊びでボールを蹴っている人のほうが余程多いのです。 いつまでも少年の様な気持ちで楽しくボールを追いかけていけるように、この世代で照れや恥ずかしさよりも先に、感情をしっかりと表に出せるように指導していきます。 また、この世代ではサッカー、フットサルの日本代表の試合を見たり、フウガの試合を見たりする機会が増え、チームワーク、チームプレーの大切さを学んでいきます。

このクラスで大切なのは、パス、ドリブル、シュート、どの選択が良いのかをしっかり伝えていくことです。 仲間が4人いるのにひとりでドリブルばかりしているのは良いプレーなのか、チームワークが大切と言ってボールを持ったらパスしかいないのは良いプレーなのか、ボールを貰う前にはどういう準備が必要なのか、どんなときにパスをして、どんなときにドリブルをして、どんなときにシュートを打つのか、子供たちの個性に合わせて、一緒に考えていきます。 また意外にこの世代では軽視されていますが、ディフェンスの仕方についてもこのクラスから学んでいきます。 ディフェンスのメカニズムを知れば、自然と子供たちは頭を使ってそれを打ち破るようになります。そうすることによってオフェンス能力も向上していきます。

トレーニングメニューはパス、ドリブル、シュートの要素がすべて入った総合的なトレーニング(グローバルトレーニング)が多くなっていきます。 ただしこのクラスからフットボールを始める子供でもしっかりフォローできるメニューになっているので問題ありません。

ゲームは2対2に加えて3対3、4対4、5対5まで行います。どんなに多くても12人より多くの人数でのゲームはあまり行いません。

スペシャルクラス 小学校2年生~4年生 定員24名ほど

楽しくやるのは勿論のこと、選手として上を目指してみたい子供たち向けのクラスです。

このクラスに入るためには、年に2度のセレクションを受けていただくか、通年のスクール時に体験兼セレクションを受け、合格していただく必要があります。 セレクションと言うと技術的なことを連想される方が多いかもしれませんが、当クラスは考えてプレーできるかということを一番重要視しています。 この年代はまだまだ子供だと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、とんでもありません。 彼らはもう立派なフットボーラーとして、ひとりで決断し実行することが出来るのです。

その自覚とやる気、そしてそれによって養われた技術や体力がある選手の所属するクラスです。

ゴールデンクラス 小学校5年生~6年生 定員24名ほど

将来のサッカー・フットサル日本代表、Jリーガー・Fリーガーを真剣に目指す子供たちのクラスです。 スペシャルクラスと同じく、状況に応じて考えてプレーできるかというのが必須条件になります。

ピッチではすべて自分で決断し実行しなければなりません。 そのような経験を経て、得てきた技術をセレクションでは一つの基準とさせていただいております。

また、トレーニング内容としては基礎技術・体力はすでにあるものとし、それをどのように生かしていくかという応用トレーニングが中心となっていきます。 プレー中の一歩二歩の立ち位置までこだわり、攻守にわたる体の向きや動くスピード、1本のパスの質やシュート、ドリブル、トラップのアイディア、ディフェンスのメカニズムをその選手の個性に合わせて一緒に考えていきます。

ただし、この年代では技術が上がればあがる程、喜怒哀楽が薄れ、声が出せなくなり、仲間のプレーに興味を持たなくなり、自分の殻に閉じこもりがちです。 よく選手たちに話すのは、小学生まではここ(足の付け根)から下が評価される、中学生からはここ(同じく足の付け根)から上のほうが大切になってくるということです。 ジュニア年代から先を見据えて、小手先の技術だけでなく、もっと大切なものを伝えていきたいと考えています。

プラチナクラス 小学校5年生~6年生 定員24名ほど

フウガドールフットサルスクールで最もレベルが高いクラスとなります。

ゴールデンクラスと同様、将来のサッカー・フットサル日本代表、Jリーガー・Fリーガーを真剣に目指す子供たちのクラスです。 状況に応じて考えてプレーできるかが必須条件になり、フウガドールフットサルスクールの4つの育成方針を熟知した選手たちの集まりとなります。

トレーニング時は高い集中力を持ち、自ら考え、自分の意思を仲間に発信し、仲間との調和を大切にしていきます。 トレーニングではフウガドールすみだトップ選手やフットサル日本代表と同様の大人と同じトレーニングもやります。

それはこの年代から大人と同じことを学ぶことによって将来に立派な大人(18歳)の選手になれると考えているからです。ぜひ、プラチナクラスへチャレンジしてみてください。

GKクラス 小学校3年生~中学校1年生 6名まで

少年向けゴールキーパー専門クラスとなります。

対象は小学校3年生から中学1年生までとなり、最近ゴールキーパーを始めたばかりの選手から、トレセン等で活躍する選手まで、誰でも入会する事ができます。

このクラスでは、指導の導入期と言われるこの時期に、サッカーおよびフットサルのゴールキーパーが基本となる知識や動作・技術を獲得する事を目標としており、個々の技量や成長の度合いに合わせた指導によって、選手と共にじっくりと将来のベースを作りたいと考えています。

トレーニングは全体90分のうち、最初の30~40をGKコーチによる専門トレーニングを行い、その後はフィールドプレイヤーと合流し、よりゲームに近い環境で指導を行います。

ひたすらテクニッククラス 20名ほど

名前の通り「ひたすら」フットボールに必要なテクニックを磨くクラスです。

テクニックと言うと聞こえはいいですが、基礎の反復練習により習得できる技術です。 ドリブル、ボールコントロール、リフティングを色々なトレーニングを通じて徹底的に練習します。

もちろん1対1やゲーム形式のトレーニングもやりますが、ボールを『ひたすら』触る時間の割合が多くなります

極みクラス 小学校2年生~6年生 20名ほど

ミドルクラス、アッパークラスなどの通常クラスとは違い、年間で「シュート」「パス」「ディフェンス」の3つのトレーニングテーマに限定し、その名の通りそのテーマを『極め』ていくクラスです。

3つのテーマが1ヶ月ごとに変わり、年間4サイクルを繰り返していきます。

4月、7月、10月、1月が「シュート」、5月、8月、11月、2月が「パス」、6月、9月、12月、3月が「ディフェンス」になっております。 もちろん1対1やゲーム形式のトレーニングもやります。

ガールズクラス 年長~小学校2年生 24名ほど

女の子限定のクラスになり、女の子同士で周りを気にせず楽しみながらフットサルの技術、運動能力を磨けるクラスです。

仲間達とフットサルというスポーツに触れ、ボールを蹴る楽しさを感じ、より成長するため課題に積極的に挑戦し試行錯誤しながら上達していける環境をつくります。 自分の考え、思いを仲間へ伝えそれを互いに理解しあえる関係も大切にしています。

フットサルにおける個人から2人組の関係のトレーニングを重点的に行い、次のステップにつなげていけるように指導していきます。

レディースクラス 小学校3年生~中学校3年生 24名ほど

女の子限定のクラスになり、現役女子選手の指導によりフットサルの技術、戦術の理解を深め、将来幅広くフットボールに関われる選手の育成するクラスになります。

フットサルで用いられるより専門的な技術、戦術の獲得を目指し、トレーニングではフットサルで起こりうる全ての局面に触れ、そこで自らの意思を持って決断し実行できるような指導をしていきます。

ガールズクラス同様、積極的に挑戦し試行錯誤しながら成長していける環境をつくり、仲間とのコミニュケーションを大切にします。 将来的に競技者としてより高いレベルを求めて行く場合、フウガドールすみだレディースへの練習参加も可能です。

プレジャークラス 中学校3年生から年齢制限なしの男性 定員24名ほど

1日限定のクリニックに参加される大人の方が多くいらっしゃいますが、当クラスは1日だけでなく月ごとに目標を決め、年間通してみんなで上手くなろうというクラスです。

フットサルはチームスポーツなので、ひとりだけで上手くなろうとしても限界があります。 チームの目標とそれを達成するための練習があってはじめてそこで2人、3人が連動したプレーが可能になります。

約週1回ペースでトレーニングをしていくので、個人の目標はもちろん、スクール内のチーム目標も立てやすくなり、その結果、より個人的なスキルアップを望めます。 トレーニング内容は基本的にフウガドールすみだで行っているトレーニングが中心となりますので、とてもやりがいがあるのと同時にフウガイズムが注入されること間違いなしです!

ひとりも良いけど仲間と熱くなりたいという社会人のみなさん、部活にフットサルがないけどフットサルをプレーしたい!そんな中・高校生のみなさんのご参加をお待ちしています。